無料相談のご案内

後継者向けセミナー

事業承継とは?
事業承継成功の3つのカギ
事業承継のスタートは
事業承継計画の作成から
後継者の成長ステップと
経営承継
知って得する財産承継の視点
事業承継支援メニューと進め方
経営承継メニューと
支援の進め方
財産承継メニューと
支援の進め方
後継者向けセミナー
コンサルティングのお客様の声
講演・研修・セミナー講師派遣のご案内
各業界で事業承継支援に携わる法人様向けサポート
無料メルマガ「いい会社の創り方」
株式会社ワンネス・コンサルティング
税理士法人鶴田会計
トップ > 事業承継成功の3つのカギ > 事業承継のスタートは事業承継計画の作成から
事業承継成功の3つのカギ

事業承継のスタートは事業承継計画の作成から

事業承継準備には最低5年、できれば10年は必要 !  長期計画で周到な準備を !

後継者の選定と覚悟

「後継者は決まっていますか?」

事業承継の最大の問題は、「誰を後継者にするか」という点です。
「悩むまでもなく、長男の●●だ。本人の周りもそのつもりになっている」
「もちろん、私が継ぐ覚悟がある」のであれば理想的です。
そうでないならば、まず次の方法から決めなければなりません。

親族(子を含む)に承継する

メリット
・社内外の関係者から心情的に自然に受け入れられやすい
・後継者が早く決定するため、教育・育成の時間と承継準備期間を長く確保できる
・財産承継がスムーズに行える
・所有と経営の分離を回避できる可能性が高い
デメリット
・親族内に適切な人材がいない場合がある(そもそもいない場合と能力や意欲が不足の場合)
・複数の候補者がいる場合の判断が難しい

社員等(親族外)に承継する

メリット
・後継者候補の範囲が広くなるため、経営上の適任者を求めることができる
・能力重視の承継となるため、取引先や社員にとって不安定な経営になる心配が少ない
・社員に承継する場合は経営の一体性を保ちやすい
デメリット
・親族承継と比べて、関係者から心情的に受け入れられない場合がある
・後継者候補に資金力がない場合が多い
・個人保証となる債務の引き継ぎに問題が生じることが多い

あなたが後継者になるのが既定路線になっているとしても、それがはっきりと現経営者との間で共有できているでしょうか?まずはそれを明確にしましょう。

既定路線のはずだろう・・と何となく思い込みながら、遠慮や照れからそれをはっきり言葉にせずに、現経営者・後継者ともにそれに向けての準備は何も進めていかない曖昧な状態が続くのは非常にもったいない時間です。

後継者のあなたは、もしかすると「継いでくれないか」「お前が後継者だぞ」と言われるのを受け身で待っているのかもしれませんが、それではいけません。決して、現経営者に「継いでくれないか」と言わせてはいけません。

必ず、自分から「継がせてください」と言ってほしいのです。自らの宣言が今後の困難の際の精神的な支えになり、覚悟になるでしょう。

事業承継計画書を作ろう

事業承継は、単にトップが入れ替わって終わりというものではありません。
事業承継は長期プロジェクトです。最低でも10年はかかると考えておきましょう。
なぜ10年かかるのか?
経営面で言うと、主に必要なのは「後継者の成長」と「後継者が経営しやすい組織体制の整備」です。
仮に後継者が40歳の時に承継するとしましょう。
通常の働き方・学び方を自然にしていて、40歳の時点で経営者としての力がついているのは考えられないでしょう。
より効果的・効率的なスキルアップをする必要がありますが、それでも2年や3年では不可能です。
10年間を効果的に過ごすためには、「長期的な計画」を作り、その計画に沿って進めるべきでしょう。

まずは、現経営者の会社や事業に対する想い・理念や
後継者や社員に対しての想いを形にし、その上で何を、
どのような形で承継していくかの「方針」と「課題」を決めます。
現社長の想い、自社の課題を明らかにした後に、
課題の解決に向けて、どのような形で進めていくのかを、
10年間(場合によってはそれ以上)の「事業承継10年計画書」
としてまとめましょう。

下記の項目について、
毎年の数値計画、実施計画、推移計画を落とし込みます。

事業承継10年計画書

  • 1.損益計算書の10年計画・貸借対照表の10年計画
  • 2.主要関係者(現経営者、後継者、後継者の兄弟、経営幹部候補)の、年齢、持ち株数・比率、役職、育成計画
  • 3.事業戦略上の課題と計画
  • 4.組織体制・仕組み確立上の課題と計画
  • 5.財産承継対策計画
事業承継に関するご相談・お問い合わせ窓口
052-587-3038
お問い合わせフォーム
※セミナー・講座へのお申し込みは講座情報ページよりお申し込みください
ページトップ