無料相談のご案内

後継者向けセミナー

事業承継とは?
事業承継成功の3つのカギ
事業承継のスタートは
事業承継計画の作成から
後継者の成長ステップと
経営承継
知って得する財産承継の視点
事業承継支援メニューと進め方
経営承継メニューと
支援の進め方
財産承継メニューと
支援の進め方
後継者向けセミナー
コンサルティングのお客様の声
講演・研修・セミナー講師派遣のご案内
各業界で事業承継支援に携わる法人様向けサポート
無料メルマガ「いい会社の創り方」
株式会社ワンネス・コンサルティング
税理士法人鶴田会計
トップ > 事業承継とは?

事業承継とは?

事業承継とは、会社を現在の経営者から後継者に引き継ぐことを指します。
事業だけでなく、会社の株式(経営権)や諸々の財産、組織、社員なども承継の対象です。
事業承継は、どんな会社にも、どんな経営者にも必ずいつかやって来ます。これはすべての会社・経営者にとって早かれ遅かれ、避けて通ることのできない道です。
きっかけがないと明確な問題意識にならない場合もありますが、次のようなことは早い段階から考えておきたいことです。

現経営者としては

  • 「今はまだよいが、自分が退いた後会社はどうなるか?」
  • 「手塩にかけて育ててきた会社を、誰にどのように引き継がせるのがベストな選択肢なのか?」
  • 「引き継ぐ時期はいつがよいのか?考えるのはまだ早いか?」
  • 「会社の株式と個人財産、どのように相続させるべきなのか?」

後継者としては

  • 「オヤジとは事業承継の話なんて具体的にしたことはないが、大丈夫だろうか?オヤジは準備を進めているのだろうか?」
  • 「今のまま目の前の仕事に一生懸命取り組む以外に、必要な準備はないのだろうか?」
  • 「経営者に必要なスキルをどこでどのように習得していけばよいのか?」
  • 「自分が引き継いでうまく事業を永続できるだろうか?社員はついてくるだろうか?」

既に承継を終えた後継社長としては

  • 「先代のやり方を守るべきところと、自分なりに攻め変えていくべきところをどう考えるか?」
  • 「承継して早一年。これからいかにして自分なりの経営のやり方を確立していくべきか?」
  • 「現経営者が辞める時、会社をどう承継させるのか」
  • 「自分は後継者としてどのような準備をすればよいのか?」

経営者が「会社を退くその日までに」考えればよいのではありません。
その準備は、可能であれば「その日が来る10年前」から始めるべきなのです。

何よりも重要なのは、「事前の十分な検討と方向性の確定」です。

事業承継の対策は、今日明日でできるような簡単なものではありません。
最も大事なのは、経営者自身の「事業承継に対する問題意識」。自分1人で行うことも、他人任せにすることもできないのです。面倒だからといって問題を先送りにせずに、信頼できるパートナーと一緒に、長期的なプランを立てて計画的に進める必要があります。
また、既に承継を終えた後継社長も、後継社長となった瞬間に「事業承継が完成!」ではありません。
会社が「この先30年以上に渡って永続できる会社・事業になっている!」と言える状態となって初めて事業承継の成功と言えるのです。
今、自信を持ってそのように言えるでしょうか?そうでないならば、このページでそのヒントをたくさん見つけることができるはずです。

事業承継に関するご相談・お問い合わせ窓口
052-587-3038
お問い合わせフォーム
※セミナー・講座へのお申し込みは講座情報ページよりお申し込みください
ページトップ